塩麹とはなぢ

テレビと音楽をかくときめた

4/11水曜日のダウンタウンこち亀SP

疲れ果てた身体のまま録画の再生ボタンを押す。疲労が取れる取れる。腹を抱えて、息ができなくなるくらい笑った。『毒素が出る』ってこんな事なのだと、普段使いもしない言葉がすぐ出てくる自分に驚く。超スッキリした。

OPがやはりすごかった。まだ細かく見きれていないけれど、胸熱な回が凝縮されていた。BPOに太い線が引かれていたのはアガった。その太い線が両さんの眉毛の前振り的になっていてさすがとしか言えない。やはり今回も、スペシャルver.のOPはファニーともインタレスティングともとれる面白さがある。いつでも最高なのだ。

またキャスティングも気になった。木下優樹菜鈴木ふみ奈があんな形で再開するなんて興奮を隠せない。枕詞的に木下優樹菜鈴木ふみ奈みたいになっているのが面白い。そして「すべらない話」なゲストの心強さ。「いつどこで何をするゲーム」がめちゃくちゃ盛り上がっていたのも彼らの力が大きいのかもしれない。最後はザ・バラエティな感じで直球に笑えた。アレを生で観ていたら、笑いを超え感動すらしていただろうと思った。

特に心に突き刺さった「街中でゴルフをやったら面白くなるのか?」検証。成立するのか?でも上手くいくのか?でもなく、「面白くなるのか?」。あくまで面白いかどうかが重要なのだ。とても興味深いモノになったこの企画は、まさにバラエティとスポーツのいいとこ取りである。手に汗握りながら笑う。ミラクルな部長ショットや室外機の天丼、どれも期待を裏切らない面白さ。予測不能な展開。マジでスポーツとバラエティの「面白さ」を一度に味わえる。これはどのスポーツ番組でもバラエティ番組でも観られるものではないのだ。

検証結果「やってる本人たちはとても楽しそうだった」、スタッフは大変だった感も出つつ、「面白い」という事をこのワードを使わずに表現する水曜日のダウンタウンの巧妙な手口。心の住民のボルテージは最高潮である。すげー面白い。天才。最高。素敵。

「ダメだったらダメなまま面白くする」とよく藤井健太郎氏は言うが、マジで見せ方がうますぎる。薄々勘づく「ゴミ屋敷の住人を催眠術でキレイ好きにすることは出来るのか?」検証。キレイ好きになったと思いきや、いつもの「商品」発言。ソコに至るまでのくだりを最高に期待させて裏切る手立てに視聴者は振り回される。いい振り回されっぷりである。不快感は伴わないしあわせな振り回され。小ネタ感満載なこういう企画も大好きだ。

だらだら感想を述べたが、とにかく面白かった。来週は確実に面白い第二弾系が多くて楽しみ。何より「岩兵衛」の説。聞いた瞬間に笑うしかなかった。あー楽しみ。毎週水曜楽しみ。

今日は最高の気分で寝られそうだ。